「光陰矢の如し!」月日の経つのは早いもので、終戦の日から間もなく70数年が過ぎ去ってしまいました。

今では、戦争を体験したお年寄りも少なくなり、驚いたことに、昨今の調査では、アメリカと戦争したことも知らない若者も増えてきたそうです。

「平和ボケ」をしているとも思える現代の我々日本人、とくに若い人達に、少しでも、我々の先人たちが歩んできた道、そして、この日本が犯した大きな罪、大きな過ちを知っていただきたいと思い、稚拙な文章ながら、書き綴ってみました。

世界では未だにテロや紛争が続いており沢山の人々が命の危険にさらされています。 

独立した島国である、我々の日本でも最近では、きな臭い煙が立ち始め、他人事ではないような時勢になってきました。

このような情勢下、我々日本人は、まだまだ平和な日常を送り、幸せな暮らしを満喫しています。

現在の平和な暮らしを維持し、より幸せな生活を堅持するためにも、先人たちの大きな過ち、大きな罪を、歴史上の事実として次世代の子供たちに語り伝えていく事が、戦争を体験した私たちに残された大きな課題ではないでしょうか? 

   

 戦争をおこすのは たしかに人間です                                                                             しかしそれ以上に 戦争を許さない努力ができるのも 私たち人間ではないでしょうか

(沖縄県立平和祈念資料館メッセージ「おきなわの賦」より)